9月の季語『色なき風』

色なきごとく吹きわたる、秋風の透明なさまをいう。

人を見送ったあとのプラットホームはガランとして

根拠のない喪失感があるもの。

秋限定のさみしさを詠んだ句です。

copyrighit by sawako
close