11月の季語『桐一葉』

「一葉落ちて天下の秋を知る」という、中国の古典からきた季語。

なかなか筆が進まず、ふと見上げた窓の外に感じる秋の訪れ。
便箋は白いまま過ぎる時間でも、
あながち無駄ではないのかもしれません。

南日本新聞社より、奨励賞を頂いた句


copyrighit by sawako
close